さまざまなお口の状況に適した入れ歯があります

歯周病治療ガイドライン HOME> 入れ歯

入れ歯

入れ歯の種類とその比較

失った歯を補う治療として、最も一般的なのが「入れ歯治療」です。「入れ歯」にはさまざまな種類がありますが、主に「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。またその中でもさらに、使用する素材によって保険適用のものと、自費のものに分かれます。

一人ひとりのお口の中の状況は、まったく異なります。さまざまな条件に合わせて専門医にご相談のうえ、最適な入れ歯をご選択ください。

入れ歯の種類による特徴

種類 特徴
部分入れ歯
部分入れ歯
歯を部分的に失った場合に使用する入れ歯です。残っている歯に金属のバネを使って支えるため、健康な歯に負担をかけるというデメリットがあります。
総入れ歯
総入れ歯
歯をすべて失った場合に使用する入れ歯です。使用する素材により歯ぐきにあたる部分の厚みが変わり、装着時の感覚が大きく変わります。素材の選定が非常に重要になります。

保険適用と自費の入れ歯の比較

  保険適用の入れ歯 自費の入れ歯
色や形の種類
少ない 豊富
床の素材の種類
少ない 豊富
固定方法 簡単な維持装置のみ 豊富
製作工程数 少ない 多い
強度 やや劣る 強い
装着時の違和感 比較的少ない 減らすことができる

自費入れ歯

入れ歯は患者様の生活の中で「食べる」「しゃべる」といった重要な役割を担いながら長い時間を共に過ごします。ご自身に合った快適な入れ歯を作るためには、さまざまな素材の特徴を知ることが大切です。

金属床の入れ歯

金属床の入れ歯

主要な床部分を金属で作った入れ歯です。保険適用のレジン(歯科用プラスチック)に比べて、丈夫でたわみません。金属ならではの薄い床になるため、装着時の違和感が減ります。また熱伝導率が高いため、食事が美味しく感じられることも特徴です。噛む時の負荷も金属部分にかかるので健康な歯へのダメージが少なくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

従来の部分入れ歯にあるような金属のバネがなく、審美性にこだわる若い方に適している入れ歯と言えます。

入れ歯 Q&A

毎日の入れ歯のお手入れ方法について教えてください。
毎食後に入れ歯をはずし、歯ブラシを使って流水で磨いてください。その後水をはった容器に浸けて保管します。入れ歯専用の洗浄剤を使用するとより清潔になります。
入れ歯を支える歯ぐきにも負担がかかっていますので、柔らかい歯ブラシやガーゼ、綿などを使って汚れを取り除き、マッサージするなどのお手入れをすることが大切です。
就寝時には、入れ歯ははずした方がいいですか?
睡眠中に飲み込む恐れもありますので、必ずはずしてください。長時間装着していると、歯や歯ぐきだけでなく、顎の骨にも負担がかかります。就寝時に入れ歯をはずすことは、お口全体を休ませる目的もあるのです。
入れ歯が合わなくなったら、どうなりますか?
お口の中に負担が生じて、痛みが出たり、食事や会話がしづらくなったりします。そのままにしておくと顎の骨や歯ぐきに影響し、噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。入れ歯が合わないと感じたら、我慢せず歯科医院で調整してもらいましょう。
入れ歯が合わない場合、市販の入れ歯安定剤を使っていいでしょうか?
入れ歯が合わないことで食事や会話がしにくい時に、応急処置として使う場合は問題ありません。しかし、長時間使用していると歯ぐきや噛み合わせに影響してしまうので、早目に歯科医院で診てもらいましょう。
歯科医院ではどのようなお手入れをするのですか?
定期検診では、まず次のことについて調べます。
  • 入れ歯の歯の部分のすり減り
  • 装着する金具のゆがみ
  • 入れ歯にこびりついた汚れの状態
  • 入れ歯と歯ぐきの間にすき間はできていないか
  • ご自宅でのお手入れが正しくできているか

以上について調べた結果、必要であれば患者様のお口に合わせて入れ歯を調整します。お口の中の状況は日々変わっています。入れ歯をできるだけ長く快適に使用するには、ご自宅での正しいお手入れに加え、歯科医院での定期的な検査と調整が必要です。調整には健康保険が適用されますのでご安心ください。