溶けてしまった顎の骨は、外科的治療で再生できます

歯周病治療ガイドライン HOME> 重度歯周病の治療について

重度歯周病の治療について

顎の骨が溶けてしまったら

歯周病を放置し悪化すると、歯を支える顎の骨が溶けてしまいます。一度溶けてしまった骨は、もう自然には元に戻りません。支える骨が溶けてしまった歯はグラつきもひどくなり、歯ぐきからの出血も増え、最終的には抜け落ちてしまうのです。

歯周病の場合、初期段階では「スケーリング」や「ルートプレーニング」などの治療によって症状の改善をはかります。しかし重度まで進行すると、初期治療だけでの改善は難しくなり、外科的歯周病治療が必要になります。

さまざまな外科的歯周治療

GTR法

「組織再生誘導法」と呼ばれる治療法です。歯周ポケットの内部をクリーニングし「メンブレン」と呼ばれる膜を入れます。歯肉は骨よりも早く再生するため、歯肉が骨の中に入り込んで再生を邪魔しないようにガードするのです。「メンブレン」の下で歯周組織が再生するのを待った後、膜を取り除きます。

エムドゲイン法

術前

術前

術後

術後

「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を歯周ポケットの欠損部に入れることで、歯周組織の再生を誘導する方法です。「エムドゲイン・ゲル」は時間の経過と共に組織に吸収されるため、「GTR法」と違って取り除く必要がありません。