歯を失っても、その機能を取り戻す方法があります

歯周病治療ガイドライン HOME> 歯を失った時の機能回復について

歯を失った時の機能回復について

歯を失ってしまったら

歯周病が悪化し、最終的に歯を失ってしまう人は少なくありません。そんな場合でも失った歯の機能を取り戻せるよう、現代ではさまざまな治療法が開発されています。

その代表的なものとして挙げられるのが、「インプラント」 「入れ歯」 「ブリッジ」の3種類です。それぞれの治療法のメリット、デメリットについてご紹介します。

失われた歯を補う治療法の比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 天然歯に非常に近い自然な噛み心地と見た目が取り戻せる
  • 周囲の健康な歯を削る必要がない
  • 治療が簡単であり、比較的短期間で完了する
  • 一般的な材質を選択すれば、治療費を抑えることができる
  • 周囲の歯に固定されるため、入れ歯に比べ違和感が少ない
  • 自然な見た目の素材が選べる
  • 治療期間が比較的短い
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 保険適用外のため、比較的治療費がかさむ
  • 治療期間が比較的長い
  • 固いものが食べにくいなど、噛み心地はあまりよくない
  • 食べカスがはさまりやすい
  • 発音に影響が出ることがある
  • 隣接する健康な歯を削る必要がある
  • 発音に影響が出ることがある
  • 食べカスがはさまりやすく、お口の中が不衛生になりやすい

インプラントについてはこちら

インプラントについてはこちら

入れ歯についてはこちら

入れ歯についてはこちら

ブリッジについてはこちら

ブリッジについてはこちら