軽度歯周病なら、完治も可能です

歯周病治療ガイドライン HOME> 軽度歯周病の治療について

軽度歯周病の治療について

歯周病は軽度のうちに受診を

軽度の歯周病のうちは、歯ぐきが赤く充血してブラッシング時に出血するなどの症状(歯肉炎)が出ます。この症状には痛みがないため、放置してしまう方がほとんどです。

この段階なら、歯科医院で適切な治療を受ければ比較的簡単な処置で済むほか、完治も可能です。わずかでも歯周病の症状が出たら、早めに専門医に相談しましょう。この段階に歯科医院で行う治療は次の通りです。

スケーリング

術前

術前

術後

術後

ブラッシングで取り除けないプラークや歯石を、「スケーラー」という特殊な器具を使って除去します。歯石が歯周病の直接の原因になることはありませんが、歯石の表面がでこぼこしているためプラークが付着しやすく、放置すると歯周病菌の繁殖を促してしまいます。

歯ぐきを覆っていた歯石が除去されると、一時的に冷たいものがしみたり、歯が長くなったように感じたりすることがありますが、すぐにおさまるので心配ありません。

ルートプレーニング

歯ぐきや歯周ポケットに隠れていてスケーリングでは除去しきれなかったプラーク・歯石を、特殊な器具で除去します。さらに、プラーク・歯石の再付着を防ぐために、歯の表面をツルツルにしていきます。

これによって歯ぐきの炎症が抑えられ、歯周ポケットを浅くできるのです。

PMTC

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科医や歯科衛生士による、専門的な機器を使ったお口の中のクリーニングのことです。

専用研磨剤を使って、歯と歯の間や歯周ポケットの内側まで研磨し、お口の中のプラークやバイオフィルム(歯にへばりついた細菌の塊)を完全に除去します。最後に、歯質を強化する効果のあるフッ素を塗付して完了です。処置は1~2時間で終わります。

レーザー治療

歯周ポケットなどの患部にレーザーを当てて歯周病菌を攻撃し、細菌を急激に減らすことで出血や痛みを止めます。ある程度進行した歯周病には、レーザーメスとして使用することで膿を排出させることもできます。

外科手術と比較して手軽で、ほとんど痛みを感じず短時間で治療できるというメリットがあります。