歯周病は「たかが歯ぐきの腫れ」ではありません。

歯周病治療ガイドライン HOME> 歯周病が与える身体への影響

歯周病が与える身体への影響

歯周病と全身疾患の深いかかわり

歯周病と全身疾患の深いかかわり

歯周病は、心臓病や肺炎、糖尿病のほか、早産などを引き起こす原因になると言われています。「たかが歯ぐきの腫れ」とは考えず、早めに治療することが大切です。歯周病にかかわる全身疾患の詳細については以下をご覧ください。

心臓病

歯周病が悪化すると歯ぐきの炎症部分に血栓ができやすくなり、動脈硬化から心筋梗塞や狭心症を引き起こすことがあります。心臓の内側にある心内膜まで炎症が及ぶと、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)を発症する場合もあります。

肺炎

歯周病菌を含んだ唾液が気道に入って、気管支や肺に感染すると、肺炎を引き起こすことがあります。

糖尿病

糖尿病と歯周病の関係はまだ正確には解明されていませんが、非常に密なものだと言われています。血糖値が高くなると身体の免疫機能は低下し、歯周病をはじめとしたさまざまな感染症にかかりやすくなります。

歯周病菌は糖を求める性質があるため、糖尿病の症状を悪化させてしまうのです。また逆に、糖尿病が歯周病菌を増殖させ、歯周病を引き起こすという説もあります。

早産

妊娠中に歯周病になると、その影響で陣痛と同様の筋肉の動きが起こり、早産してしまう可能性があると言われています。早産した母親の妊娠中の歯周病菌の数は、正期産の人に比べて4.5倍にも上るというデータも出ています。

生活習慣病

歯周病自体が、ブラッシング不足や喫煙などを原因とした生活習慣病のひとつです。この歯周病を予防し改善していくことが、さまざまな生活習慣病を予防し、全身の健康を守ることに繋がります。