歯を失う最大の原因「歯周病」について知りましょう

歯周病治療ガイドライン HOME> 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とその症状について

歯ぐきがはれて出血する、口臭が気になる、歯がグラグラする……このような症状に覚えはありませんか? これらはすべて「歯周病」の症状です。

歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯ぐきのすき間に入り込んで歯ぐきに炎症を引き起こし、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気が「歯周病」です。歯周病は、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えるため、注意が必要です。

歯周病の進行

通常、成人の歯周病は30代に入る頃から発症し、加齢とともに進行していきます。適切な処置がおこなわれていれば回復は望めますが、自覚症状がわかりにくいという難点があります。喫煙や糖尿病などの疾患、適切でない歯科治療、薬剤の服用など、よくない組み合わせが重なった場合は、症状が急激に悪化してしまうこともあるのです。

そのほかにも早期に発見される、10代の人に見られる症状もあります。歯周病の進行状況の判断は、専門医の正確な診断に委ねることをおすすめします。

歯周病の進行

歯が抜け落ちる原因

歯が抜け落ちる原因

昔から「年をとると歯が抜けやすくなる」と言われていますが、高齢になったから歯が抜けるわけではありません。ご自身の歯が残っている方とそうでない方の違いは、「歯周病」の有無によることが多いのです。

歯ぐきや歯を支える顎の骨などの「歯周組織」を破壊する「歯周病」は、悪化すると歯がグラつき、最終的には抜け落ちてしまう病気です。また歯周病は、放置すると症状が年々悪化していきます。放置しすぎて若い方でも歯が抜け落ちてしまう例があります。「まだ大丈夫」と思わず、早めに治療を受けることが大切です。

歯周病の特徴

歯周病は、プラークに含まれる細菌が出す毒素によって、歯を支える顎の骨が溶かされてしまうことが特徴です。そのまま放置すると歯が抜けてしまうこともあり、場合によっては外科的再生治療が必要になることもあります。

顎の骨が溶けてしまうと、失った歯を補う入れ歯やインプラント治療ができなくなることもあります。また、「心臓病」や「糖尿病」といった全身疾患に繋がる恐れもあるのです。

リスクを知って早めの治療を

歯周病の影響は、お口の中だけでは済みません。ですが、治療さえすればちゃんと治る病気です。まずはリスクを知って、早めの治療を心がけましょう。関連する全身疾患などについては、「歯周病が与える身体への影響」をご覧ください。