原因を理解し、生活習慣を整えましょう

歯周病治療ガイドライン HOME> 歯周病の原因

歯周病の原因

どうして「歯周病」になる?

「歯周病」は年齢・性別を問わず、誰でもかかる可能性がある病気です。自覚症状が少ないため、気づいた時には大幅に進行していた……ということも珍しくはありません。常に「大丈夫かな?」と気にかけていることが大切です。

では、どうして「歯周病」になるのでしょう? こちらでは歯周病の原因についてご紹介します。

歯周病の原因とは?

原因1.食べカス
もっとも大きな原因は「食べカス」です。食べカスに含まれる栄養分が、歯周病の原因となる細菌の恰好のエサとなり、症状を進行させてしまいます。
食事の際に固いものを噛むことは、歯の周りの汚れを取り去る「自浄作用」を生みます。ですが、柔らかいものは食べカスが残りやすくなってしまいます。柔らかいものばかりとらないことも大事です。
原因2.プラーク・歯石
プラークや歯石が、歯や歯ぐきのすき間に入り込み、それらに含まれる細菌が繁殖をくり返しながら毒素を出すことで、歯周組織を破壊していきます。
原因3.細菌
細菌は歯ぐきや歯を支える顎の骨に炎症を起こし、その症状を進行させると同時に細菌自体も増殖します。そうなると歯周組織を破壊する力がさらに強まり、症状を進行させるのです。
原因4.被せ物(金冠やクラウンなど)
金冠やセラミックなどの被せ物や入れ歯をしていると、お口の中に食べカスが残りやすくなってしまいます。
原因5.噛み合わせ
噛み合わせが悪いと、お口の中に食べカスがたまりやすくなり、歯周病の原因をつくります。また、正しくない噛み合わせは肩こりや頭痛、めまいのほか、食欲不振などを間接的に招き、日常生活に支障をきたす原因にもなります。
原因6.全身疾患
血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身疾患が歯周病の原因になることもあります。これらの疾患により抵抗力が落ちることで、炎症を引き起こしやすくなるのです。
ほかにもストレスなど精神的な原因や、アレルギー、ビタミン欠乏などの原因に加え、服用している薬の影響もあると言われています。
原因7.生活習慣
喫煙などの嗜好も、歯周病を引き起こし悪化させる原因になります。歯周病の予防や改善のためには、日頃のきちんとしたブラッシングなどの正しい生活習慣を身につけていくことが大切です。